そのプロミスからの和解提案書、ちょっと待った!

過払い金と言えば消費者金融がまだサラ金と呼ばれていた時代に借り入れをしたいた方には当てはまる可能性は高くなります。
過払い金返還請求をしている方が多くそして長くなっているこの現代でもまだ過払い金請求は多く行われています。
それを裏付けるように、もとは「弁護士などに相談しよう」だったものが「過払い金返還専門弁護士に相談しよう」に変わっています。
弁護士が仕事の一つの項目として行っていた過払い金返還請求がもはや一つのビジネスとなり、過払い金返還請求を専門に行うことができるほどの数であるということになるでしょう。
利用中の方へ過払い金請求を行うことによって返済がなくなる可能性があります、減額される可能性があります、となっていた宣伝が現在は完済後10年までは請求することができますになっておりビジネスとして広げていることも見えるものです。

自分で過払い金の返還請求をすることもできますが、そこはやはり専門業者に依頼する方がよいでしょう。
専門にしているだけあって返還率は高くなっています。
プロミスへも過払い金返還請求は行われていますが、個人で行うことと業者が行うことの違いは返還される金額の違い、そして手間と時間です。
個人で返還請求を行った場合、和解提案書には満額は書かれていません。
専門業者との話し合いにおいては和解提案書には8割9割の金額が提示されているものだと言われています。
話し合いのステージに立つ、それは簡単なことではないということになるでしょう。
http://pms-shinsa.info/