永住権なしでもOK?!外国人がカードローン審査に受かるポイント!

日本に住んでいる外国人は大勢いますが、裕福な暮らしをしている人ばかりではないので、給料日前にお金がなくなってしまうと、どうすればいいかと焦ってしまうでしょう。お金を貸してくれそうな友人や知人がそばにいない場合は、カードローンを利用して、必要な金額を手に入れるようにしてください。

永住権なしの外国人でも、日本人と同じようにカードローンを利用できるかどうかが気になる方もあるでしょうが、結論からいうとOKなので、安心して申し込むようにしましょう。カードローンを大きく分けると、銀行系と消費者金融系がありますが、永住権なしの外国人が利用したいときは、審査が優しい消費者金融系に申し込むことをおすすめします。

永住権なしの外国人がカードローンの審査に受かるポイントは、毎月安定した給料をもらっているかどうかになります。収入の多い少ないはあまり関係ないですが、月によって収入が定まっていない人が審査を通るのは難しいでしょう。

同じ住所の賃貸に長く住んでいたり、長期間同じ職場で働いている人は、収入が安定していると判断されるので合格しやすくなります。勤め先に在籍確認が出来ないと落とされるので、嘘は書かないようにしましょう。

他にも、日本に長く住んでいて、日本語の読み書きや会話ができることや、申し込み後に電話がかかってきたときに、カードローン返済計画をきちんと伝えられるかどうかも、審査に受かるポイントになります。たとえ永住権なしの外国人であっても、審査のポイントさえクリアしていれば、合格することが出来るでしょう。

借金返済と家賃の関係

現在の住まいが賃貸の場合、毎月の支出の負担となるのが「家賃」です。
借金の返済を行っていると、この「家賃」がとても気になるポイントではないでしょうか。
「毎月の家賃の支払いを返済に回すことができれば……」
誰もがこのように思われるのではないでしょうか。

今の家賃が高いと感じる債務者の中には、低い家賃の先に引越しを考える方も多いでしょう。
しかし引越しを行う場合にも、多額の費用がかかります。
費用だけではなく、時間と手間もかかってきます。
新たな住まいを探し、荷物を片づけて、運び出し、今の部屋を引き払う。
引越し業者に依頼すると、その分費用もかかってきます。

新しい部屋への入居費用も発生するでしょう。
部屋探しのための費用、不動産会社への仲介料、敷金、礼金など、かなりの負担が発生することも忘れてはいけません。

これらの費用を抑える方法もあります。
荷物の整理は自分で行う。
できるだけ自家用車で運び出す。
知り合いの方に空き部屋を紹介してもらう。
敷金や礼金が不要の物件を探し出す。
しかし、費用が捻出できないからといって、新たな借金を利用することも考えものです。

追加の借金による返済負担がいくらになるのか、まず考えてみましょう。
そのうえで「追加借入による返済>今の家賃+今の返済額」になるようでしたら、追加借入してまで引っ越す意味がなくなります。
いわゆる「費用対効果」の影響がないことなりますので注意が必要でしょう。
借金返済マイスター|債務整理にオススメな弁護士の選び方はこちら

名古屋にもあるモビットローン申込機、申し込みはネットで契約はローン申込機で

名古屋市内には6つのもモビットローン申込機があります。
・ミユキモールコーナー
・名古屋駅西口駅前コーナー
・東海通り土古コーナー
・22号中之郷コーナー
・篠の風グリーンプラザコーナー
・柴田本通コーナー

モビットはWEB完結が知名度の高い申し込み方法になりますが、WEB申し込みの場合にはカードが発行されずすべてインターネット上での取引となります。
そのため不便が生じる場面が出てくる可能性もあります。
カードがあることで全国にある提携ATMを使って、いつでも借り入れも返済もできる環境にあることがモビットを上手に賢く活用していくコツです。

モビット学生申し込みは電話やインターネットから行うことができますが、「カード申し込み」を選択しましょう。
申し込みと審査はネット上になりますが、契約は郵送かローン申込機になります。
審査完了後、入会手続きを行うときにカードの受け取り方法をローン契約機と選択しましょう。
予約番号が発行されますのでその番号と、本人確認書類を持ってお近くにあるモビットローン申込機に向かいます。
本人確認書類は運転免許証などを持参しましょう。
ローン契約機に予約番号を入力し、本人確認書類の提出が完了すれば5分ほどでカードが発行されます。

カードがあると、急な借り入れでも利用ができる提携ATMが非常に多くなります。
また返済でも、月に一度の返済のほかに余裕があるときには随時返済をしていくことができるため利息を考えた返済ができるでしょう。

アコムから電話がかかってきたときの体験談

私がアコムを利用していたとき、急に電話がかかってきたことがあります。その時点ではアコムの番号をスマホに登録していなかったため、どこからかかってきたものなのか分かりませんでした。第一声は私が何者かを確認するものだったため、私は「何かしたか」と不安になってしまいました。

私が本人だと言うことが確認できると、相手は「アコムの担当者です」と言うことを話し、本題に取り掛かりました。結論的には「増額の打診」だったわけですが、それが分かるまではドキドキしながら内容を聞いていました。

当時は、限度額20万円の契約をしていたのですが、これは私の属性がどうこうと言う理由と言うよりも「契約時にその金額を申請したから」だと思います。一応、50万円までの融資上限金額を設定できると言うことは言われたのですが、使い過ぎを気にして必要最低限度+多少の余裕を見た金額で契約していました。

私がアコムを利用し始めて半年も経っていない頃だったのですが、その電話では「お客様のご利用状況が良好な為、ぜひとも追加の融資をご案内したくご連絡いたしました」と言ったことを言われて、増額+もっと借りてくださいとお願いされました。

正直な所、その時点で追加の融資は全く必要なかったのですが、ある程度はカードローンの利用にも慣れてきた頃だったこともあって、私はその提案を受け入れました。増額申請をして上限金額を増やし、50万円の融資枠をもらうことが出来たので良かったと思います。
即日キャッシング比較※今すぐ借りれるのはココ!はこちら

そのプロミスからの和解提案書、ちょっと待った!

過払い金と言えば消費者金融がまだサラ金と呼ばれていた時代に借り入れをしたいた方には当てはまる可能性は高くなります。
過払い金返還請求をしている方が多くそして長くなっているこの現代でもまだ過払い金請求は多く行われています。
それを裏付けるように、もとは「弁護士などに相談しよう」だったものが「過払い金返還専門弁護士に相談しよう」に変わっています。
弁護士が仕事の一つの項目として行っていた過払い金返還請求がもはや一つのビジネスとなり、過払い金返還請求を専門に行うことができるほどの数であるということになるでしょう。
利用中の方へ過払い金請求を行うことによって返済がなくなる可能性があります、減額される可能性があります、となっていた宣伝が現在は完済後10年までは請求することができますになっておりビジネスとして広げていることも見えるものです。

自分で過払い金の返還請求をすることもできますが、そこはやはり専門業者に依頼する方がよいでしょう。
専門にしているだけあって返還率は高くなっています。
プロミスへも過払い金返還請求は行われていますが、個人で行うことと業者が行うことの違いは返還される金額の違い、そして手間と時間です。
個人で返還請求を行った場合、和解提案書には満額は書かれていません。
専門業者との話し合いにおいては和解提案書には8割9割の金額が提示されているものだと言われています。
話し合いのステージに立つ、それは簡単なことではないということになるでしょう。
http://pms-shinsa.info/

オリックス銀行カードローンの在籍確認を受けたときの待ちときの体験談

オリックス銀行のカードローンで融資を受けたいと思ったので、申し込みをしました。お金がなかったのでとても生活が大変でした。お金を借りることだけはしたくなかったのですが、子どももいますし生活のためには仕方がないことでした。

オリックス銀行のカードローンの申し込みは、インターネットから簡単にすることができました。想像以上に簡単に申し込みができたので、こんなに簡単にできてしまうんだと思ってしまいました。でも私が一番心配をしていたのは、職場にかかってくる在籍確認の電話です。この電話がどんなふうにかかってくるのかすごく心配でした。

とにかく、誰にもばれないようにかかってきてほしいと思っていました。職場には上司もいますし後輩もいます。もしもばれたら信用されなくなりそうだし、周りの人にばれないかがすごく心配でした。でも、口コミとかをみたら、名前を名乗ることなく担当者の個人名でかかってくると書いてありました。そのため、少し安心できました。また、在籍確認の希望日とか時間も指定できました。

私は営業の仕事をしているのですが、事務所にいることができる時間帯を指定しました。すると、その時間にかかってきました。私はすぐに電話をとりました。口コミの通り、担当者の名前だけを名乗ってくれました。無事に在籍確認も終わり、誰にもばれることがありませんでした。とても安心しました。無事に審査も通り、お金を融資してもらうことができています。